武蔵の名所

1北國銀行武蔵ヶ辻支店

建築家・村野藤吾の若き日の貴重な作品。1932年の建造。鉄筋コンクリート造3階建てでトップアーチと正面ファサードの構成、タペストリータイルの外観が特徴で、2階部分の高さを持つ大きな3つの表現的なシェルアーチ(砲弾型アーチ)がアクセント。かつて使用されていた金庫扉もインテリアとして展示されています。

2高峰譲吉博士の住居跡の碑

タカジアスターゼの発明やアドレナリンの発見で有名な高峰譲吉博士の住居がありました。博士は1歳のときに金沢に移住し、この地で幼年期を過ごしました。めいてつ・エムザの3階屋上から4階屋上には、博士の尽力でワシントンに贈られた桜の子孫苗木「高峰桜」が植えられています。

3しあわせスポット

めいてつ・エムザ9階屋上にある、むさしのインスタ映えスポットです。屋上で四つ葉のクローバーを見つけると粗品をプレゼントします。

4武蔵住吉神社

エムザ3階テラスに出て螺旋階段を登ったところに鎮座しています。1972年にスカイビルが建設、名鉄丸越百貨店(現エムザ)がオープンする前、同地には「住吉市場」とよばれた青果卸売市場があり、元々はその市場の中に神社がありました。大規模再開発事業にともない、卸売市場が現在の中央卸売市場(西念町)に移転と同時に青果卸売市場も移転、神社はこの地に残り「武蔵住吉神社」となり今も武蔵の商売の神として見守っていただいています。

5武蔵ヶ辻交差点の女性像

交差点に建つ3体のブロンズ像、「岬」「浄」「萬生如意」(金沢美大名誉教授 矩幸成 作)。武蔵地区の繁栄を願い、武蔵地区再開発の竣工記念として建立されました。

6金箔雪吊りイルミネーション(冬季限定)

純金箔約3000枚が使われている雪吊り。「金箔+雪吊り」という金沢ならではのコラボが見事な冬の風物詩です。木々にイルミネーションが輝く「むさし光のギャラリー」も幻想的なひとときを演出します。